自己破産の相談手続き費用無料で簡単!市区役所と弁護士をおすすめb

MENU

自己破産の相談は専門の弁護士に無料出来ますし、手続き方法も教えてくれます

 

自己破産の手続き相談

 

自己破産の際の相談方法債務整理する際の最終的な手段としてよく用いられているのが自己破産です。抱えた借金全部をゼロにできるのが自己破産なのですが、具体的にはどのようにして手続をしていくのでしょうか。

 

相談方法とともに詳しい点を解説したいと思います。 

 

 

■自己破産とはどんなことか

 

よく耳にする自己破産というのはどんな状況のことを言うのでしょうか。自己破産というのは、債務者が借金が膨らんで経済的に破綻の状態にあるときに選べる国民の権利として国によって制定された制度です。

 

今のままだと債務者がこの後どれだけの努力したとしても弁済することができない状態であると裁判所に認められた場合・免責不許可事由にあたらないときに起こせる制度で、債務者が生活を続けるための最低限必要だと判断されるものだけを除きあとは換価することが必要となります。

 

それからクレジット会社・銀行・キャッシング会社などの各々の債権者にその債権額に応じた配当することで弁済されたものとみなされ、残っている借金については支払う義務が免除されるという仕組みになっているのです。

 

裁判所に申し立てをして破産手続きの開始となりますが、自己破産の後は借入金も債務も全部ないものとみなされるので、どうしても支払いができなくなった債務者の最終手段として利用されています。

 

破産についての申請そのものは全ての財産を把握するため債権者からすることもありますが、債務者が自分自身で裁判所に申し立てを行って破産することを「自己破産」するといいます

 

自己破産をしてしまうと、自分の生活を継続していくために最低限必要となる自由財産は残せますがそれ以外は没収されて金額的に価値があるとみなされる財産は債権者に渡ります。総資産で99万、1品で20万円を超える財産は国によって取られますから注意してくださいね。

 

 

■債務整理の相談

 

自己破産の手続き相談

 

債務整理の手段としては自己破産という方法の他にも特定調停、個人再生、あるいは任意整理といった手段があります。各々特徴となることが違い、返すべき借金や良い側面と悪い側面も選んだ方法によって異なります。

 

「もう自己破産するしか方法はない」と行き詰まっている人も、案外そこまでのことをしなくても解決できることの方が多いかもしれません。ちなみに専門家が判断すると、自己破産しようかと悩んでいる人のうち7〜8割がそうする必要がない状況であるという統計がデータで出ているんです。

 

それで決定の前にしっかりと法律に関する理解の深い専門家に自分が今陥っている状況について包み隠さずに話して適切な提案を受けることが、一番いいと思える方法でしょう。

 

相談の時はやはり弁護士にするのがベストです。

 

弁護士に相談し提案を受ければ、自分が必要としているのは自己破産であるのかはたまた他の債務整理にした方がよいか明瞭になるでしょう。仮に考えた結果、自己破産を選んだとしても、その手続きを行えるように必要な指導とか良い面・悪い面の詳細な説明もきちんとしてくれます。 

 

 

■弁護士への相談をまずは行ってみましょう

 

 

自己破産の相談というと、最近はWEB上でもできるようになっています。実質的な手続きに入ることになれば依頼するという形になって料金が発生しますが、それに取りかからず相談だけということなら無料で聞いてくれるところがたいていです。

 

インターネットで用意されているメールや専用のフォームから詳細を書いて弁護士に聞いてみたなら、実際に細かい点に至るまで相談を受け付けてくれるでしょう。活用して相談することをお勧めします。

 

 

自己破産の手続

自己破産の手続き相談

 

できることなら自分とは関わり合いのない遠い存在でいてほしい、自己破産。しかし人生において何が起こるかわかりません。事業の失敗や損害賠償の発生などが原因で、自己破産が必要となることもないとはいい切れないですね。そんなときのために、自己破産に関係のあるある程度の知識を持つことは適切なことでしょう。

 

 

■自己破産とはどんなことをいうのか

 

そもそも自己破産というのはどういったことを指しているのでしょうか。

 

自己破産は、債務者が借金を抱えすぎて経済的に破綻したとき・債務者がこれから先いくら頑張っても支払いするのは不可能と裁判所が総合的に判断したとき
免責不許可事由にあたらない場合に申し立てることのできる制度のことです。

 

債務者が生活するための最低必要とされるものだけ残して、その他のものは全部換価しなければなりません。その後各債権者(クレジット会社・銀行・キャッシング会社)にその債権額に応じた弁済をおこなうことによって、それ以上の借入の支払いは一切免除されるというわけです。

 

裁判での審問が終わって手続きが完了し、自己破産後はすべての借入や借金などはゼロの状態になります。破産の申請というものは債権者からもできますが、債務者が自分自身で裁判所に申立書を提出して受理してもらい破産する場合を「自己破産」するというのです。

 

自己破産をしてしまうと生活していくための最低限必要とする財産しか手元に残すことは許されません。それで任意整理、再生手続といった他の債務整理手続きと比べると「最終手段」としてよく選ばれるということが自己破産手続きというやり方の特徴です。

 

 

■自己破産の流れ

 

 

借金を完全にゼロにするには、段階を2つ踏まなければいけません

 

裁判所によって支払い能力に欠けると判断されたとしても借金はまだなくなっていません。裁判所により弁済の能力が欠乏していると認められて「破産手続開始決定」が下り破産手続きが終了した後、「免責許可の決定」についても確定させなければなりません。

 

このようにして免責をうけてようやく、残りの債務の支払い義務が免除してもらえるので借金が完全にゼロになります。それでも税金・国民保険・公共料金などの債務の支払いは免除されるわけではないので気をつける必要があるでしょう。

 

破産法の法改正以前には破産手続と免責手続は別々に申請も改めて行う必要がありましたが、新破産法の制定によってそれら2つの別の手続きが一体化しました。よって一度破産手続きがはじめられたら、実質的に同時並行的に免責許可の申し立てがあったものとされ、その手続きも行えるようになったのです。

 

手続の迅速化かつ合理化が現在は図られているということを表しています。

 

 

■弁護士に相談

 

自分ではまず最初に何をすべきかわからない・・・

 

という方は、弁護士を頼って迷わず相談してみましょう。この先返済できる可能性は少しでもあるのか、もしないとしたらどんな手続を取ればよいのか、弁護士が親身な対応でどうするのが最善か教えてくれるでしょう。

 

実際に手続きに取りかかる前の相談の段階だけならどこであっても無料で相談を聞いてくれます。このWEBサイトではネットを使って匿名でごく手軽に相談受け付けをしているおすすめの弁護士法律事務所を取り上げていますので、どうしようか迷うよりも一度問い合わせてみてくださいね。